Poptuneサイト powered by EVM

プレイヤー

ライブ情報

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

Infomation

LivePocke(プレイガイドシステム)導入による前売りチケットについてのご案内

2018年7月以降のPoptuneイベントについては、スマートフォン電子チケットによるプレイガイドシステムLivePocket(ライブポケット)が導入されることになりました。
導入後はクレジットカード、コンビニ、3キャリア(docomo,au.softbank)携帯決済にてPoptuneイベントのチケットがより便利にそして多くのお客様にお買い求めいただけるようになります。
それに伴い前売りチケット扱いが次のように変更になります。
2018年7月1日以降前売りチケット購入方法は、Livepocke、前日までの店頭購入、出演者による手売り購入となります。
それ以外の購入につきましては当日券扱いとさせていただきます。

詳細 >>

Sweet Pop☆4周年を迎え

Sweet Pop☆もありがたいことに4周年を迎えさせていただきました。
これもご来場いただくお客様と出演してくれる皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。

「裏方は影に居てこそ裏方」そう考える私としてはSNSなどで私的コメントを出すこともどうなんだろう?と思うのですが、最前線にいるスタッフから「一年に一度くらいは」といわれ昨年よりコメントをさせていただいております。

※期間限定公開にさせていただいております。

今年もPoptune 責任者としてあくまで私的なコメントをさせていただきます。

SweetPop☆は東京都下エリアのライブハウスで定期開催されるガールズシンガー、アイドルのオケライブとしては最も古い?いや継続しているイベントらしいです。
僕らとしてはオケであろうがバンドであろうが音楽を愛する出演者、お客様に偏見もなくSweetPop☆は新しい形態のライブスタイルとしてスタートしました。
今では珍しくなくなりつつあるオケライブ、それも爆音とラウドサウンドの巣窟と言われるMorgana が開催することは、スタッフ内からも反発があったもんです。
「大丈夫、このライブ形態はそのうち珍しくなくなる」
でも、通常の楽器を始めて技術の成長とともに音楽家に成って行く過程がなく、思い立ったらステージに立てちゃうこのライブ形態は想像を絶する世界でした。
そこで1周年目からこの一年のSweet Pop☆の方針を周年ライブのオープン前に出演者の前で話すんです。

4周年目から5周年目のテーマは

「本当のお客様を呼べるアーティストになっていこう」

です。
スタッフ間ではイベントにはある程度区切りというか、そう言う時期的なものがあるって常々言っています。
旗上げ期メンバーがいなくなった時が次の時代に突入って言っていました。
5月のSweetPop☆の開催日、お客様に気がつかれることなく、ある出演アーティストが来場しました。
数日後に自身のラストライブを控える中、わざわざご挨拶に来てくれました。
大変恐縮なことに彼女が唯一自身の思いで感謝と引退の挨拶に出向いた会場という言葉を賜りました。
サンドウイッチマンと同じく強面ですが実は松岡修造のように熱い僕らの思いは伝わって欲しい人には伝わっているんだなぁと思う瞬間であるとともにSweetPop☆の一時代が終わった瞬間でした。

活動を継続して行くには続けて行くだけの価値を、必要とされるアーティストになって行くしかないんです。

こう書くと「集客が全てかよ」とかいう人もいるでしょうが一回のライブ集客で全てなんて見てません。
たとえ集客がゼロでも集客する努力を必死にしているのなら評価します。

余談ですがSNSで告知してます。は評価しません(笑)
だって誰でも出来るでしょ。それを努力っていうなら世の中楽チンです。

その流れで4周年に合わせた形でスタートしたのが、ライブポケットの導入。
これ実は導入直後は賛否両論。
でも僕らは常々出演者が「予約は10人いかない程度」と言いつつ集客ゼロ、来ないのは約束したのに来ない客っていう言い訳やゼロ集客なのに予約は多いから良い出順で出せとかの恫喝なのか詐欺なのか誰かのせいにしている人と必死に頑張っている人を同列に見ることはできないんです。

そして昨日の4周年、今までの周年イベントと異なりお祭り要素はない普段着のSweetPop☆。
お客様の入りは期待以上でした。

もちろん否定的な意見もあるんでしょうが、お客様に安価で前売チケットを販売したいアーティストは前売チケットを発券して今までと変わらずやってるんです。
ここもやる人とやらない人の差でしかないんです。

一部ライブで発表されたりしている4周年から開始するアーティストサポートの主要配信ストアでの楽曲配信も間もなくスタートします。
現時点で2アーティストのリリースが決定しています。

事務所所属だろうがフリーだろうがSweetPop☆のステージではなんの意味もなく
集客だけでなく頑張れば結果が出るステージとして全員にフラットなライブステージを提供しています。

まぁ故にわけわかんないこというアーティスト風がをSNSで発信して謝罪することになったりすることがあったりして、ご心配をおかけすることもたまにありますが、結果僕らに非があったことは一例もないんです(笑)

今後とも多くのアーティストさんのご協力、そしてお客様の応援でSweetPop☆が継続することを努力して行きたいと思います。

是非多くのお客様にSweetPop☆出演者が知られ活躍して、Morgana から卒業(これモルガーナ側から卒業通達されない限り自主退学ですw)出来ることを祈ります。


Poptune Sagawa




2018-07-14 14:13:32投稿者 : Poptune

【Pick Up.】レバリィ・プロジェクト

ライブハウスとは基本的に音楽ライブを楽しむ場所であったりするだが、それ以外にも多くのエンターテイメントを披露するステージとして利用される場所であったりもする。

音楽ライブとコラボする劇団としてレバリィ ・プロジェクト(通称レバプロ)が2018年4月にモルガーナを定期会場として旗上げした。

でもライブハウスに足を運ぶお客様には中々馴染みのない舞台観劇、レバプロって?

そんな産声をあげたレバプロについてレバプロ代表の松岡洋佑さんに聞いてみました。

 




-まずは自己紹介といいますかレバプロの紹介をお願いします。

 

松岡:レバリィ・プロジェクトで脚本、演出、ちょっと出演している僕、松岡洋佑と現場で出会った平野隆士とで「演劇に触れてもらいやすい何か」をやりたいねって言っていたタイミングでライブ活動もする勅使川原莉奈とも同じような話で盛り上がり松岡、平野、勅使川原の3人で旗上げしました。

次々回の4回目の公演からは#1#2と出演してくれた図子侑大君が加入し4人でレバプロになります。

 

オリジナル表示


-すでに2回開催していますがレバプロの公演ってどんな感じの公演なんでしょうか?

 

松岡:レバプロの公演はライブパートと芝居パートの二部制になっているんです。前半がライブパート、後半が芝居パートっていう感じで、普段はライブしか観ない人には芝居の面白さを知って欲しいし、芝居しか観ない人にはライブの楽しさを知って欲しいそんな思いでやってます。

 

-ライブハウスと劇場でやる違いは?

 

松岡:そうですね…。

何個かあるとは思うんですけど一番の違いは一体感だと思います。

 

-一体感?

 

松岡:劇場と違って客席と板上の間に仕切りがあるんですけどそれを感じないくらいお客さんとの距離が近いなって言うふうに思いました。

 

-でも小劇場だともっと役者との距離が近いところもありますよね?

 

松岡:そうですね。僕もそういうところでのお芝居の経験もあります。

これは感覚なのでうまく伝わるか分らないんですけど。

見てて思うのは、ライブってアーティストとお客様が一体となってそのイベントを創り上げているように感じるんです。

劇場でやるお芝居はどちらかと言うと『提出物』で何回も稽古してすり合わせて出来上がったものを見せます。

提出物が受け入れてもらえるか、もっと言うと愛してもらえるかどうかが勝負だと思ってます。

小さい劇場でどれだけ物理的距離が近くてもその関係性は基本崩れることはありません。

でも、ライブハウスでやったレバプロのお芝居は提出物と言うより一緒に創り上げる感覚が近くて、もちろん稽古は何回もしてるんですけど、劇場よりもお客様の感情や笑顔がダイレクトに僕等に伝わってくるような感じがして。

今までの受け入れられるというよりも『後押し』されているような、これは今までに無い感覚でした。きっとライブハウスでやる演劇だからこそ体験できたんだと思います。

観てる人もただ観てるのではなく、一緒に空気を創り上げられる『一体感』がライブハウスで演劇を観る一番のメリットで劇場との違い、だと思います。

まだお芝居を観たことない人。

ライブには行くけど演劇には興味ない。

と言う人にこの『一体感』を感じてもらえたらなって思います。絶対楽しいので(笑)

 

-そんな一体感を感じて欲しいレバプロ#3見どころは?

 

松岡:勅使川原莉奈。ですね。

 

--というのは?

松岡:♯3は勅使川原さんの生誕イベントになっています。

お芝居パートでは主演を勅使川原さんで心を持たない人工知能の役をやっていただきます。この役は僕が勅使川原さんに出逢ってからずっとやって欲しいと思っていた役でまさに満を持してといった感じです。

 

--なるほどお芝居の内容に触れても良いですか?

松岡:「命は心に宿る」をテーマに、心を持たない人工知能(勅使川原)と過去に「心」によって傷ついた人間たちの物語です。この作品を通して、心があるから命がある。と、だからこそ自分の心を大切にしたい。そう思ってもらえると嬉しいです。

 

-ここで初めてレバプロを知った皆さんにコメントどうぞ。

 

松岡:ライブハウスならではの空気感といえばいいんですかね、芝居を劇場で観たことあるけどって人には刺激のあるライブパート、逆にライブは観たことあるけどって言う観劇初体験の人にも楽しめる一体感ある老若男女問わないイベントなので是非会場足を運んでみてください。


オリジナル表示


2018-06-27 12:00:10投稿者 : Poptune

4.20Mix Pop ライブ写真 レポート


昨日開催MixPop、
ご来場頂きありがとうございました。

多ジャンルのアーティストが出演し、まさに“Mix”されたイベントになったかと思います。
約一年ぶりのMixPop開催でしたがこれから定期的に開催を予定していますので、ぜひご来場ください。

今回はMorgana初出演4組を含む、全7組のアーティストが出演。


DIEZEL.さん


佐知さん


金徳大輔さん


榊音結依さん


mu×teさん


二条ゆりなさん from愛知


マリナさん




次回PopTuneイベントは
GW、5月6日(日)
Pop Tune presents
〜春のチーム対抗歌合戦〜 開催です!



次回MixPopは6/15(金)開催です。

皆さまのご来場をお待ちしております!



2018-04-21 03:11:00投稿者 : PopTune

    Twitter

    RT @PopTune2013: 明日! ★10月7日(日) 『Mix Pop』 国分寺Morgana 開場 16:30 開演 17:00 前売 2,500円(+1D) *LivePocket・店頭販売・各アーティスト手売り販売 当日 3,000円(+1D) 出演 Kana*…
    9日前

    RT @LivePocket: 【特集記事更新!】 レコメンド企画第15弾公開‼️ ライブハウス関係者独自の視点で 「アイドル性を持ったアーティスト」を ご紹介いただきました✨ https://t.co/ZavtJRy31L #もるつオーケストラ #キノコホテル #Kana*…
    15日前

    RT @PopTune2013: ★10月5日(金) 『Girl Pop』 会場 国分寺Morgana 開場 18:30 開演 19:00予定 前売 2,500円(+別途1Dオーダー) *LivePocket https://t.co/3gBVy0joxt ・店頭販売・各アー…
    15日前

    RT @PopTune2013: ★10月7日(日) 『Mix Pop』 会場 国分寺Morgana 開場 16:30 開演 17:00 前売 2,500円(+1D) *LivePocket https://t.co/z5pYuCpvRW・店頭販売・各アーティストによる手売り販…
    15日前

    RT @PopTune2013: 10月19日(金) 松波李奈&Pop Tune presents ANI×ROCK×HALLOWEEN 会場 国分寺Morgana 開場 18:00 開演 18:30(予定) 前売 2,500円/当日 3,000円(+1D) 出演:松波李奈…
    15日前